糖度が高いさつまいもの品種まとめ。甘くて美味しいさつまいもを食べよう

最終更新日:2016年6月28日

最近、焼き芋用の鍋などいろいろ出回り、家庭で手軽に焼き芋が楽しめるようになってきました。

自分でおいしい焼き芋がつくれるなんてうれしいですね。

さてそこで、さつまいもを買いにお店に、となるわけですが、最近いろいろな種類のさつまいもがあって、どれがおいしいの?と思ったことありませんか。

ここでは、特に糖度が高くて甘みが強い、焼き芋向きのさつまいもをご紹介します。

1.焼き芋のイメージを変えた安納芋

焼き芋といえばホクホクでちょっとパサつく、というイメージを変えたのが「安納芋」でしょう。

しっとりしていて、ちょっとねっとりした感じ、なのにおいしいんです。

種子島が原産だそうで、とにかく甘みが強く、ねっとりした食感です。

糖度が非常に高く、生でも16度前後、それをじっくりと時間をかけて焼くと、なんと糖度が40度近くになるというのですからびっくりです。

なかには、甘くてちょっと苦手かな、と感じる人もいるかもしれませんが「このままでスイーツ」といわれるほどです。

皮は赤っぽく、中身はオレンジっぽい色です。

皮が赤っぽいのを「安納もみじ」、白っぽいのを「安納こがね」と呼ぶこともあります。

焼き芋だけでなく、お菓子づくりにも最適です。


2.ねっとり系で安納芋と人気を二分する紅はるか

「安納芋」と同様、しっとり、ねっとりしていて、とても美味しいのが「紅はるか」です。

じっくり焼くと、とても柔らかくなり、甘みが強くて、蜜がにじんできます。

安納芋より糖度は高いのですが、しつこさがなく、強い甘みがあるのに後味はスッキリしていて上品な感じです。

皮は紅色、中身はクリーム色です。

見た目も味も良い品種です。

「紅はるか」には、大分県産のブランド「甘太くん」、茨城県産のブランド「紅天使」というのがあります。

特に「甘太くん」は糖度がさらに高く、蜜のような甘さで人気です。

焼き芋やスイートポテトに適しています。


3.新種のシルクスイートもなかなかの人気

最近売り出されたばかりの「シルクスイート」ですが、人気は上々です。

やはりねっとり系ですが、濃厚な感じではありません。

焼き芋にするとねっとりしているのですが、その名のとおり、繊維質が少ないせいか、とてもなめらかです。

甘さも充分です。

安納芋が甘すぎる感じがする、と言う人にはオススメです。

一度試してみてください。

皮は紅色、中身はクリーム色、どちらかと言うと粉質です。

甘さが強いわりに上品、舌触りがなめらかなのが特徴です。

さつまいもの中では新顔ですが、その甘さから人気が出て、一度食べるとやみつきになるとか…やはり、焼き芋やスイートポテトに向いていますよ。


4.おなじみの鳴門金時はやはり大人気

西日本ではおなじみの「鳴門金時」は、ホクホク、しっとりの人気品種です。

見た目もキレイですが、甘みも強く、焼いてもふかしても美味しいです。

蒸すとしっとりして、焼くとホクホクという、うれしいさつまいもです。

口どけの良さも人気の秘密でしょう。

主に、徳島県鳴門市で栽培されています。

皮は紅色、中身はクリーム色で、粉質、貯蔵性がいいと言われています。

スイートポテトなどのお菓子にもよく使われています。

甘みが強いので、砂糖が少量ですむため、自然の甘みが味わえます。

「高系14号」という品種から選抜された品種で、寝かせると甘みが増す、という特徴を受け継いでいます。


5.関東で人気の紅あずま

「紅あずま」は関東で人気の品種です。

茨城県や千葉県で多く栽培されています。

この品種はホクホクとねっとりの中間タイプですが、どちらかに分類するのであればホクホク系でしょうか。

甘みが強く、焼き芋にすると、キレイな濃い黄色になります。

皮は紅色、中身は黄色っぽい色です。

焼き芋やお菓子に最適です。

この「紅あずま」の中から選抜して育成した品種に「紅こがね」があります。

主に茨城県で栽培され、やはり甘みとホクホクした食感が特徴です。


6.紅あずまより甘いといわれる紅まさり

焼き芋に適しているといわれる、これもどちらかといえばねっとり系の品種です。

紅あずまより甘いとも言われています。

焼くとホクホク、しっとり、とても甘くておいしいです。

蒸し芋にすると、柔らかな食感が楽しめます。

大きくなりやすく、皮が紅色、中身は黄色っぽい色です。


7.紫芋の種子島紫も甘みがある

「種子島紫」も甘みのある品種です。

紫色はアントシアニンが含まれているためで、抗酸化作用があるので、そちらの方で良く知られているかもしれませんね。

でも、この品種もお菓子などによく使われています。

焼き芋にも使われます。

皮は白っぽい色で、中身が紫色をしています。

この「種子島紫」から選抜された品種に「種子島ゴールド」がありますが、こちらの方がより甘いということです。

甘くて美味しいさつまいもを食べよう

焼き芋のおいしさは格別ですよね。

スイートポテトなどさつまいもを使ったスイーツもあれこれあって、甘いもの好きにはたまりません。

こんなにいろいろな種類のさつまいもがあるんですから、試してみない手はありませんね。

焼き芋に、お菓子づくりに、どんどん挑戦してみてください。