爪が割れた時の対処法。悪化させないよう気をつけよう

最終更新日:2015年8月23日

何かに引っかかってしまったり転んでしまったりとさまざまな原因で爪が割れてしまう事がありますよね。

おしゃれのために爪を伸ばしている女性は特に経験が多いでしょう。

でも爪を割ってしまった時さっと対処できないとばい菌が入って傷んだり悪化したりしてしまいますよね。

そこで今回は爪が割れてしまった時の対処法をご紹介します。

1.トップコート・爪用接着剤などで固定する

伸ばしていた爪の先の方が割れてしまった時のとっさの対処法をご紹介します。

この方法は爪の先の方が割れていて、血などが出ていない、痛みが出ていない場合にのみ使用してください。

爪の割れた部分にトップコートもしくは爪用の接着剤などを塗って爪の割れや折れを防ぐ対処法です。

トップコートやグル―と薄いガーゼかティッシュを挟むと効果はさらに上がるようです。

ただし、これはあくまでも応急処置なので、ネイルサロンなどに通っている方はネイルサロンにいってケアをしてもらう事をオススメします。

また、爪の割れが酷く、指の部分まで到達しそうだったり、爪が割れてずれてしまっている場合は長くなった爪をちょうどいい長さにすることをオススメします。

トップコートや爪用接着剤で固定しても、衝撃が加わると爪の割れが進行してしまうことがあるので注意しましょう。


2.消毒し患部を清潔に保つ

爪は割れてしまっても伸び続けるので時間がたてば割れた部分も伸びて気にならなくなってきます。

しかし爪が割れたときに血が出てしまったり深く割れてしまった場合は、患部を消毒して清潔に保たないと患部から細菌や雑菌が入って腫れてしまったり化膿したりして症状が悪化してしまうので、必ず洗浄し消毒して清潔に保ちましょう。

血が出てしまった時は流水で洗って、市販の消毒液などで消毒し、絆創膏や包帯などで固定しましょう。

できれば乾燥させた方がいいので絆創膏を貼りっぱなしにしないようにして、清潔に保ちましょう。

そうしていれば、爪が自然に伸びで割れた部分を前に前にと押し出してくれるので自然に症状は改善されるでしょう。

ただし、痛みが引かない場合や血が止まらないときは爪が肉に食い込んでしまっていたり、雑菌が入ってしまっている可能性があるのですぐに外科などに受診し処置をしてもらいましょう。

放置しておくと手術が必要になったりと大事になりかねないので早めに病院に受診しましょう。


3.無理にはがさずに病院へ

爪が割れてしまった時に、爪が割れてはがれそうになってしまった場合は無理にはがさずに病院に受診しましょう。

無理に爪をはがしてしまうと現状よりも悪化させてしまうことになりますし、何よりも痛み・血が出てしまいます。

また、剥がれそうなほど割れてしまった爪に、接着剤やトップコートなどを塗ってしまうと、爪と指の間にトップコートや接着剤は入ってしまい、染みたり、接着してしまって体に影響が出てしまう可能性があります。

ですから、自分で処置をせずに病院にいって治療をしてもらいましょう。

場合によっては余分な爪を切ったり、はがして消毒するような処置になりますが、その方が治りも早いので自分で処理するよりもいいのではないでしょうか。

何よりも怖いのが割れた爪が肉に刺さって症状が悪化してしまうことなので、それを避けるためには医師の判断のもとで治療を進めましょう。


4.爪を切って放っておく

爪を長くしていて、爪の先が割れてしまった場合は「爪を切る」ことをオススメします。

割れている部分を切ってしまえばこれ以上爪が指に向かって割れるのを防いでくれます。

また何よりも服やストッキングなどにひっかけて服やストッキングを傷つけることはありませんし、人をひっかいて怪我をさせてしまうこともないでしょう。

爪は自然に伸びてくるので無理に割れてしまった爪を補修して保つ必要はありませんし、割れてしまうということは適切な長さではない可能性が高いです。

長すぎる爪は危険ですし、料理の際やメイクの際に不衛生になってしまうことがあるのであまりオススメできません。

長い爪のネイルアートを楽しみたい場合は取り外しの可能なつけ爪などを利用して、自分の爪は割れにくい調度いい長さに保ったほうがいいようです。

なので、爪が割れてしまったら「爪が長すぎる」証拠だと思って割れた部分を爪切りで切ってしまいましょう。

一本だけ短くするとおかしいので他の爪も同じような長さに切ってしまいましょう。

ただし、割れている部分を深爪にならないと切れないような爪の割れ方をしている場合は無理に爪を切ってしまうと血が出たり深爪になって痛みがでてしまうので、自分では切らないで病院に行きましょう。

爪が割れた後の対処をした後は予防をしっかりしよう

以上、4つの方法をご紹介しました。

爪を割れないために常に透明のトップコートを塗って強化したり、食生活を変えてストレスを解消することで体の内側から爪をしなやかで強いものにしていくこともできるのでよく爪が割れてしまうという方は試してみてはいかがでしょうか。