夢ノートで本当に夢を叶えるための書き方

最終更新日:2015年6月9日

何か、どうしても叶えたい夢や目標がある時、「夢ノート」を作ると実現しやすくなると言われています。

ただこの夢ノートは、「書くだけで願いが叶う」という魔法のようなものではなく、「夢を確実に実現させるための計画書」です。

この計画があれば、焦ることなく、確実に夢が実現できます。

ではこの夢ノートを作る時、どのようなことをポイントにして作ったら良いのでしょうか。

1.夢の最終形を具体化する

夢と言っても、ただ「○○になりたい」「○○の仕事をしてみたい」といった漠然としたものでは、残念ながら叶う確率はぐんと低くなります。

夢が漠然とし過ぎている場合、夢実現のために何をどう行動したら良いのかが分からなくなり、結局何も行動できずに終わってしまうからです。

そのため、「最終的にどのような形で夢を実現したいか」ということを明確にし、それを夢ノートに書き留めておきましょう。

例えばダイエットでは、ただ「痩せたい」と書くのではなく、「体重○キロ・ウエスト●センチ減らして理想の体型になり、着てみたかった洋服を買う」といったような感じで、具体的であればあるほど、夢が実現した後のことがイメージしやすくなり、夢実現のための行動も起こしやすくなります。

夢が実現することだけでなく、「夢が実現した後、具体的に自分はどうなっていたいか」も夢ノートに書いておくことが大切です。


2.夢実現のための期限を設ける

夢や目標のためには、行動して努力することが不可欠ですが、だらだら何年も同じことをしていたのでは夢実現どころか、惰性になって終わります。

ここで大切なことは、「いつまでに何をたせ瑛している」という期限を設けることです。

これによって適度な緊張感が保たれ、夢実現のための行動に対する集中力が出てきます。

かと言って、いきなり無理な計画を立てることは感心しません。

ある程度余裕を持って期限を設けるようにし、「第一段階は、○月までにここまで実現させる」、「次は△月までにここまで実現させる」といったような形で、段階を踏んで計画を立て、それを夢ノートに書いておくのです。

それによって、今やっておくべきことが明確化し、焦らず目の前のやるべきことにj集中することができるのです。


3.「自分にはできる」という自信を持ちながら、夢ノートを書く

夢ノートを作る際、心のどこかに「どうせ自分には実現できないだろうな」という気持ちが少しでもあると、せっかく夢ノートを作っても失敗に終わります。

「どうせ自分には無理」という気持ちは、自分を無意識的に甘やかします。

そして、目標が達成できなかった時、必ずと言って良いほど言い訳を探し、「ほら、やっぱりできなかった」と無理矢理自分を納得させ、「夢実現のために自分の行動を軌道修正する」ということを永遠に行わなくなるのです。

夢ノートを作る時は、「自分に言い聞かせる形」で構わないので、「時間がかかったとしても、自分はこの夢を実現できる器の人間だ」と思い込みながら、前向きな気持ちで作りましょう。

できれば、夢が実現した後に味わうであろう「良い気分」を先取りして味わうくらいの気持ちで夢ノートを作ることも、非常にオススメです。


4.夢ノートを作ったら、毎日目を通す

夢ノートは、「1回作ったら、夢が実現するまで見ない」「作ったら作りっ放し」という姿勢ではいけません。

1回夢ノートを作ったら、毎日目を通すようにしましょう。

目を通す際は、何も考えずに「ただ目を通す」だけで十分です。

「反省会をしよう」などと余計なことを考えながら夢ノートに目を通すと、ネガティブな感情が浮かんでくるので逆効果です。

不思議なもので、「作った夢ノートに毎日目を通す」という行為を機械的に繰り返していると、夢と今の現実とのギャップがわかるようになり、脳がそのギャップを埋めようとして奮闘し始めます。

夢を実現させたい気持ちが本物であればある程、脳はどんどん奮闘し、行動を起こすためのモチベーションを上げてくれるようになるのです。


5.夢実現のための行動が間違っていたら、潔く修正する

夢実現のために行動し続けていくうちに、必ずと言って良いほど経験するのが「スランプ」です。

これは、行動のやり方が間違っていた時に起こるものです。

しかし、「これを達成するためにこれをやると夢ノートに書いたのだから」と、最初のやり方にこだわり続けると、その時点でゲームオーバーです。

こうなってしまった時は、夢ノートを修正する必要があります。

「一応、今はここまで実現できた」という今現在出ている結果を踏まえながら、もう1度計画を練り直して、その部分を書き換えましょう。

その際、失敗してしまった計画は、思い切ってバツをつけて消してしまいます。

これで心のもやもやも消え、心置きなく新しいやり方で行動を再開することができます。

夢ノートを使って自分の夢を叶えよう

夢ノートを上手に使いこなすことによって、自分の夢をどんどん実現し、自分の理想の人生を生きている人は世の中にたくさんいます。

夢ノートは、作ることも大切ですが、それ以上に「どう使いこなすか」が大切です。

ノートに記録することだけに囚われず、「夢ノートは、自分の理想の人生のための道しるべ」だと思って、有効活用させてみてください。

きっと1年後2年後の人生が、確実に変わってくるはずです。