ずるい男の特徴とは。話が上手く観察力がある男性

最終更新日:2015年12月12日

悪い男性に引っかかってしまったりしてひどい目にあってしまう女性はいまだに多くいて、人生のうちで悲しい恋愛や男性に騙されることは絶対にしたくないですよね。

でも、そういったことをするずるい男性というのはどんな人たちなのでしょうか。

そこで今回はずるい男の特徴をご紹介します。

1.話がうまい

詐欺師などにもこういった人が多いのですが、上手に女性を言いくるめるタイプのずるい男と言うのは「話がうまい」傾向にあります。

最初は女性の意見を組んでいるような話し方をしていますが、あれよあれよと彼が話を続けているうちに女性が同情し、男性が言っていることがすべて正しいような錯覚に陥らせます。

詐欺師でなくても、浮気性の男性も自分の浮気を正当化するために彼女を言いくるめるために話や言い訳、女性の怒りのツボを知り尽くしており立ち回りが上手いのです。

特に、姉や妹などがいる男性は女性の本性を知っていることが多いので、女性に対しての話がうまくなることもあります。

ずるい人と言うのは常に責任転嫁や正当化で自分は罪を問われないような立場にのらりくらりと逃げ、最悪の場合は姿を消すこともあります。

彼の浮気などで明らかに彼が悪いのに彼の話を聞くとなんだか許してしまう…という場合その男性は「ずるい男」の可能性があるので注意しましょう。


2.人間観察力がある

ずるい男と言うのは、常に人がどんな風に感じているか・どんな人間であるか・どんな精神状態なのかを把握しています。

例えば、失恋をしていて心が弱っていたり仕事に失敗をしてくじけていたりすると心のよりどころがほしくなりますよね。

ずるい男にとって女性がそのように弱っているのは狙い時。

すっと弱っている女性の心の隙間に入り込むことで女性に取り入って彼氏のような関係になったり、都合のいい女にしてしまうのです。

さらに、ずるい男と言うのは女性が男の本性に気が付きそうになっている・女性が怒っている…などの自分が不利になる状況になっているときにタイミングよくプレゼントを渡したり普段はしないような誠意を見せるなどして女性の信頼を回復します。

これは女性が自分を疑い始めていることに敏感に気が付いているからできることで、ずるい男は並外れた観察力や洞察力を持っているのかもしれません。


3.自分の利益を常に考えている

ずるい男は見返りを多く求める傾向にあります。

例えば、彼氏のいる女性と彼氏のいない女性が困っていたら彼氏のいない女性を助けて「彼氏候補になる」という利益を得たり、お金持ちのおばあちゃんと貧乏なおばあちゃんが困っていたらお金持ちのおばあちゃんのみを「お金」という利益のために助けたりします。

そのため、手助けをしたり親切にするのは自分にとって利益になるかならないかで考えているので、その人が利益にならないとわかったとたん冷たい態度になったり手助けをしないようなあからさまな態度をとる場合もあるようです。

そのずるい男にとって利益が「お金」「名誉」「性的欲求を満たす」など様々ですが、ずるい男が行う親切にはその男に対する見返りがついているのでよく考え直してみるとずるい男かどうか見抜くことができるかもしれません。


4.馬鹿なふりをしている

男性は不器用でちょっとおバカなところがある…と思っている女性も多いでしょう。

確かに、多くの男性は女性に対して鈍感だったり単純だったりして女性の手のひらの上で転がされることが多いのも事実でしょう。

ですが、ずるい男というのは「バカのふりをするのが非常にうまい」という特徴があるようです。

女性でもわざと頭の悪いふりをして仕事を教えてもらって楽をしたり学生ならばノートを借りたり友達に説明させたりしていい点を取っている子がいたかと思いますが、そういったバカのふりをする人と言うのはとても狡猾です。

男性の場合、自分がまっすぐで単純だというようなことを装うことで女性の母性本能をくすぐって女性からお金を少しずつかりたり、家事をやらせるために部屋に招いたりして女性にお金や労働力を貢がせます。

浮気がばれてしまったときも「気持ちはないけど誘惑されて…」と単純な性欲で引っかかったふりをして女性に「しかたないんだから」と言わせるような立ち振る舞いをするでしょう。

ですが、ずるい男の場合腹の中では女性をだましてもっと利益を得ようと考えていたり、女性何人もと交際関係を継続させたいがために「まっすぐでおバカで浮気なんかできない男」を演じているのかもしれません。

ずるい男の特徴を知ろう

ずるい男を見抜くのは大変かもしれませんが、引っかからないために自分が気になっている男性がずるい男でないかどうか特徴を探してみるといいかもしれません。

ずるい女性ももちろん多く存在するので自分が深く関わりたいと思った人はしっかりとその人の本質を見る必要がありそうです。