彼氏とケンカしてしまった時、すぐに仲直りをする方法

恋愛最終更新日:2014年9月15日
ケンカした女性

彼氏とはケンカしてしまった。

そういう時対処法を間違えてしまうとケンカが長引いて、
ふたりの関係に亀裂が入る事になりかねません。

そうならないためにも早めに仲直りする事が大切です。
そのための彼氏とケンカした時に、すぐに仲直りするための対処法を3つご紹介します。

ごめんねとメールを送る

どういう理由でケンカしたのであれ、メールやLINEでまずは一言「ごめんね」と送っておく事が
すぐに仲直りをするための対処法の一つです。

ケンカの内容によっては相手が完全に悪いという場合もあるでしょう。

彼氏もそれが分かっていて、けれど素直に謝る事ができないのかもしれません。
またケンカ両成敗というようにどちらにもそれなりに問題があったという事もあるでしょう。

そういう時、彼女の方から素早く「ごめんね」メールが来たりすると
向こうも素直になって謝るチャンスができるのです。

彼女のごめんねメールに答えるような形で「こっちこそ悪かったよ」と
返事をしながら謝る事ができるでしょう。

ケンカの内容ではなく、まずはケンカをしてしまった事や
気分を害しただろう事に対して「ごめんね」と謝りのメールを送る事が、一番の仲直りの対処法なのです。

彼氏の事が大切という事を伝える

ケンカしてしまった場合、お互いに気まずくなって素直になれないと思われます。
お互いつい意地を張ってしまいがちになり、
ますますふたりの関係が悪くなるという事もあるでしょう。

そうならないためにもケンカはしてしまったけれど
彼氏の事を好きな気持ちには変わりがなく、
大切に思っているという事を相手に伝えるのが、すぐに仲直りするための対処法です。

いくら素直になろうと思っても、なかなか頭で考えるようにはいかないという事もあります。
そういう場合でも「今はケンカしてしまったので素直になれないけれど、好きな気持ちには変わりがない」という事を
相手に言葉やメールなどで伝える事で、ふたりの関係が悪化する事を防ぐのです。

そうする事で、喧嘩してしまってもすぐに仲直りするキッカケになるばかりか、
場合によっては今以上に仲良い二人になれるでしょう。

相手に対する理解を示す

ケンカをしてしまった場合、お互い感情的になってしまって、
それが理由でケンカに発展してしまったというケースが多いでしょう。

本当は些細な内容だったり、落ち着いて冷静に話せば大した内容でないという事だったのかもしれません。
そういう場合彼氏とすぐに仲直りするための対処法として、
相手が主張していた内容について、納得できる部分は同意したり理解を示すという事が大切です。

例えば仕事における考え方の違いでケンカに発展した場合、
彼氏の言う事をすべて納得はできないにしても「そういう考え方もあるんだって参考になった」という風に、一つの考え方として受け止めて理解を示す事もできるのです。

相手は自分の考え方に同調しないまでもある程度の理解をしめしてくれるなら、ケンカをしていても仲直りをしようと思うでしょう。

気をつけなければいけないのは理解を示すのは大切ですが、
くれぐれも話を蒸し返して相手を攻撃しないようにする事です。相手に理解を示す事が、すぐに仲直りするための対処法なのです。

以上、彼氏と喧嘩してしまった時、すぐに仲直りをするための対処法についてお伝えしました。

ケンカするのは良い事ではありませんが、
それによって相手に対する理解を深めたり、ふたりの仲を見直す良いきっかけでもあるのです。

ケンカしてしまったらすぐに仲直りするようにして、ふたりの仲をより良いものにしていくようにしていきましょう。

 

    「彼氏とケンカしてしまった時、すぐに仲直りをする方法」への感想コメント一覧

     

    現在のところ、まだ感想はありません。ぜひ最初の感想を書いてください。