好きな人の顔を思い出せない理由とは。なぜ好きなのに思い出せないのか

最終更新日:2017年2月11日

自分が好きな人なのに、なぜかその人の顔を思い出せないことがあります。

そういう時、心の中はいったいどういう思いがあるのでしょうか。

好きな人の顔を思い出せない心理や理由を知ることで、相手に対する本当の気持ちを自覚することができるはずです。

1.顔よりも他の部分のインパクトが強すぎる

好きな人の顔を思い出せない心理や理由に、他の部分のインパクトが強すぎるというものがあります。

その人の顔よりも、声や仕草などが強烈で、そちらを思い出してしまいます。

好きな人の声が非常に好みである場合、その人のことを思い出すと、声ばかりが頭の中に蘇ってしまいます。

顔を思い出そうとしても、好きな人が言っていた言葉の一つ一つがリフレインされてしまい、思わずうっとりとなってしまうでしょう。

また、好きな人が独特の仕草をしたりすると、その印象が強烈に心に残ったりします。

いつまでもそれが忘れられなくて、顔を思い出そうとしても、先にその仕草が瞼の裏に浮かんできてしまいます。

誰かを好きになる時、顔や性格ばかりに惹かれるわけではありません。

自分でも「どうして?」と思うような部分に魅力を感じて、心をひきつけられてしまうこともあります。

顔よりも他の部分のインパクトが強いと、いくら好きな人であっても、なかなかその人の顔を思い出せなくなるということもあります。

2.忙しすぎて最近会っていない

好きな人の顔を思い出せない心理や理由には、最近会っていないということが関係している場合もあります。

忙しすぎてすれ違ってばかりだと、相手の顔を忘れてしまうこともあります。

好きな人とは、しょっちゅう顔を会わせていたいと思うはずです。

しかし、現実には仕事などで忙しく、全然会えないということもあります。

そういう時期が続いたりすると「あれ、そういえばあの人ってどんな顔をしていたっけ?」と、思ってしまいます。

記憶がだんだんと曖昧になり、相手の輪郭などがぼやけてしまいます。

また、相手と会えないような状況が続いているということは、別のことに気を取られていたり、仕事に集中しなくてはならないのかもしれません。

そういう状況だと「恋愛」をしている気分にはなれず、仕事モードに入ってしまいます。

確かにその人のことは好きですが、とりあえず今は別のことを頑張りたいというような時、段々と会う機会が少なくなり、相手の顔も忘れがちとなります。

本当に好きな人なら、顔を思い出せなくても、再び会った瞬間「ああ、やっぱり好きだな」と、実感することでしょう。

顔を忘れてしまっても、心の中に秘めた思いは、すぐに消えることはないからです。

3.好きな人のことを思い出したくないという気持ちがある

好きな人の顔を思い出せない心理や理由には、本当の気持ちが隠れていることがあります。

もしかしたら好きな人のことを思い出せないのではなく「思い出したくない」という気持ちが潜んでいたりすることもあります。

好きな人がいても、いつも恋愛が順調に進むとは限りません。

他のライバルが気になったり、何となく相手に「好かれていないのでは?」と、不安になる日もあります。

好きな人に冷たい態度をとられてしまったら、正直ショックで落ち込んでしまいます。

そういう時、無意識のうちに相手のことを思い出そうとしなくなります。

好きな人の顔を思い出してしまうと、同時に冷たくされたことも思い出されて、気持ちがへこんでしまうからです。

好きな人の顔を思い出せないのは、一時的であっても、その人と距離を置きたいという気持ちがあるからです。

心の底では傷ついてしまって、好きな気持ちはあるのですが、相手の顔を思い出したくないと思っているのでしょう。

4.別の人を好きになりかかっている

好きな人の顔を思い出せない心理や理由の中に、相手から気持ちが離れかけているというものがあります。

別の人が気になって、その人を好きになりかかっていたりすると、今まで好きだった人の顔を思い出すことができなくなります。

人間の心は非常に正直です。

気持ちの上では「〇〇さんが好き」と思っていても、実は心の奥深くでは、その人に対する愛情が冷めつつあったりします。

別の人のことが気になっていて、ふとその人の顔が浮かんだりしてしまいます。

今好きな人が「いい男」で、気になっている人が「いまいち」と言われそうな人だと、あえて好きな相手をチェンジしなくてもいいと、思ってしまいます。

しかし、恋愛感情というのは、理屈でコントロールできるものではありません。

こちらの男性の方が素敵だと思っていても、いつのまにか別の人を好きになってしまうことはあります。

気持ちが移り変わっている時、その人の顔を思い出せないことがあります。

自分でも気がつかないうちに、好きな人は別の人に変わっていたりするのかもしれないのです。

好きな人の顔を思い出せない理由を探ろう

好きな人の顔を思い出せない心理や理由を探ってみると、相手に対する自分の「本当の気持ち」を見つけることができます。

それを知ることで、ますます素敵な恋愛をするきっかけを掴むことができるでしょう。

人の気持ちというのは、自分で考えている以上に複雑です。

心の奥底の思いが、好きな人の顔を思い出せないような状態を作っているのです。