付き合って1ヶ月経ったら確認すると良いこと

最終更新日:2016年11月21日

お付き合いをして1ヶ月目というのは恋人になりたてでお互いに初々しい感じで過ごしている時期です。

この時期にお互いの仲をもっと良くするために話し合っておいた方が良いこととは何でしょうか?


1.連絡をする頻度はちょうど良いか

付き合い初めの頃は相手との連絡頻度に対する価値観にずれが出てきている場合があります。

どちらかは頻繁に連絡をしたいタイプ、どちらかはそれほどこまめな連絡を重視しないタイプの場合、二人の連絡の取り方に対する考え方にずれが生じてきてしまっていて、負担になっている場合があります。

1ヶ月間お付き合いをして連絡を取り合ってきた中で、こういったペースで良いのか、お互いの連絡頻度についてどのように感じているのかということを確認しておくことがオススメです。

この時に相手からの連絡頻度が少なくて寂しいと感じている場合などは、希望として「もっと会えない時に連絡がとれたら嬉しいんだけど」という風に自分の気持ちを伝えることができます。


2.会う頻度に対してどう感じているか

付き合って1ヶ月の間毎日のように会っているカップルと、たまにしか会っていないカップルの場合、同じ1ヶ月であったとしてもお互いと交流する機会の多さは大きく違います。

会う頻度に対してこのぐらいで良いとお互いに感じている場合は良いです。

しかし片方が無理をして時間を作りすぎていたり、片方がもっと会いたいのに我慢しすぎていたりということがあると付き合いに無理が出てきます。

そしてそのうち大きなケンカに発展する可能性があります。

お互いに会っている頻度に対して満足しているか、改善するところはないかなどを確認しておく必要があります。


3.お互いに対するギャップが出てきていないか

付き合う前に想像していた関係とお付き合いを始めた後での関係というのが、想像通りだったとは限りません。

もう少しこうしてほしかったのに思っていたのと違うというギャップも出てきている頃です。

想像していたよりも良いギャップであれば良いのですが、付き合う前に想像していた性格や態度と違うと不満に感じているところがあれば「もう少しこうしてくれたら嬉しいな」など柔らかい言い方で伝えておくと、言われた相手の方も気を付けるきっかけにもなりますし、長続きする関係になれます。


4.体の関係について

お付き合いをしてから1ヶ月以内に体の関係を持つカップルもいれば、慎重に時間をかけてと思っていて、まだそこまで至らないカップルもいるでしょう。

お互いの体の関係について、まだだというカップルはそろそろそういった風に発展しても良いかな、まだ少し時間をかけたいと思っているという双方の希望を一致させておくことが大事です。

男性の方から言いだす場合が多いですが、女性に慣れていない男性の場合、どのタイミングで誘えば良いかわからないこともあるので、そういった場合にもここで話を出しておくと気が楽になれます。


5.親に紹介するかどいうか

お付き合いをしていることを親に紹介をして真面目に交際をしていることを伝えておきたいと思う人もいれば、隠しておいてしばらく経って結婚などに発展した時に報告する方が良いと考えている人もいます。

親のタイプにもよりますが、そういった報告を最初に受けておきたい、そうしたことで安心できるという場合もあります。

結婚云々まではいかなくても一言報告をして許可をもらっておくだけで、デートをして遅くなっても詮索されずに済むなどメリットも大きいです。

しかし逆に報告することによって、お付き合いを反対されてうまくいかなくなる恐れがある親もいます。

お互いの親がどちらのタイプなのか、報告しておく必要があるかどうかということを話しあっておくことが大事です。


6.デート代について

デートをしている時にカップルの中で、男性が全額おごっているのか、全て割り勘にしているのかなどそれぞれ違います。

男性の場合が全額おごっている場合は付き合い始めということで張り切って頑張りすぎていることもあるので、このままの負担の割合で良いのかどうかということを話し合っておくことが大事です。

それぞれの経済状況などもお付き合いをしてみないとわからないところもあるので、1ヶ月が経過して少し見え始めた頃に確認しておくと良いでしょう。

どちらかが無理をしてデート代を負担している場合、最初は良くても徐々に不満が募っていき、それがうまくいかない原因となることもあるので注意が必要です。

付き合って1ヶ月経つ時にお互いの関係を見直そう

付き合って1ヶ月経つ頃には徐々にお互いのことを知り、カップルとしての親密さが増してくる頃です。

しかし付き合い始めとの関係が変わることによって出てくる問題もありますし、片方が不満を抱えている場合もあります。

そういったことを回避するために、付き合って1ヶ月を目薬としてこういったことについて話し合いをする機会を持って、お互いの気持ちを確認しておきたいところです。